fjコンサルタンツ 経営情報 ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのためのWeb Magazineファースト・ジャッジ

新書の勢いがなくなった

書籍販売の業界について。

今年に入って、新書の販売数が落ちていると

言われています。

片手で持てるサイズのタテナガが新書です。

新書は、主に学術的な内容が多く、知識を吸収する

ために読む人が多かった。

それが減少した、ということは新書を読む動機が減ったか

新書を読む時間が他に奪われたのか、という説に

落ち着きそうですね。

まわりの方々を見ていると、その傾向はところどころに

見受けられます。

新書を読むことより楽しいことに投資できるようになった、

とも言えますね。

1年前の予想が事実として出てきているように感じます。