fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

他人の偏見は収益の基

仕事年数が長く、ベテランになればなるほど

陥るワナがあります。

別の言い方をすれば

【主観にとらわれてしまう】

ことです。

「主観の牢獄にとらわれる」

とも言いますね。

ここから逃れることは、ほとんど不可能らしいです。

逆にいえば、

「自分は主観にとらわれている」

ことを意識すればいいわけです。

では、他人の主観はどう捉えればいいのでしょうか。

世の中に例外なことが起こったり、予想外の商品サービスが

出てきた時に、ベテラン社員ほど、

「そんなの・・・」

と否定しがち。

これも業界の常識やルールにとらわれているから。

逆に新規参入した人たちは、ベテラン企業の偏見(他人の偏見)を

見て、『これはいけるかも』と感じるんです。

そこから、【他人の偏見は収益の基】と呼ばれるようになったのですね。