fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

地方銀行再編加速か

地方銀行の再編がようやく進む、加速していく

という記事が出ていました。

今までも話題にはなっていますが、今回は

金融庁がようやく重い腰を上げるようです。

そうなると・・・経営においてはどのような

影響が出るのでしょうか?

都市銀行の再編を見ればわかりますが、単に

統合・合併が進むでしょう。

人口減少に合わせた対処といえます。

支店数も統合が進めば減少していきます。

今までのメインバンクがいきなり変更してしまう

ことも考えられますね。

銀行は、方針をいきなり転換することが多々ありますが

こうした統合後は、そこも視野に入れなければ

なりませんね。

今の時期、経営においては銀行との付き合い方を変える、

資金繰りを先回りして手を打つことが優先ですね。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/