fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

玄人より素人感想の方が説得力がある

トヨタの新型プリウス。

デザインは、大きく賛否が分かれているようです。

好き嫌いがはっきり出ている分、人気は上がるでしょう。

今回の4代目プリウスの特徴は「走り」といわれています。

その走りを宣伝するために俳優:大泉洋氏を起用したCMが下記。

通常は、モータージャーナリストが起用されても

おかしくはありませんが、今回は、運転素人を起用しています。

見てもらえばわかりますが、具体的な解説はなく

「うわーーー」

「かっこいい」

「あーちがいますねー」

「ぜんぜん違いますね」

「圧倒的にたのしいね」

という感じ。

機能を説明するより、「運転がたのしい」ということを

いかに伝えるか、を中心に考えられています。

玄人より素人さんの方が伝達する力があることを

証明しているようなCMです。

参考になりますね。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/