fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

祖父母手帳「祖父母の孫育て」

 

祖父母手帳をさいたま市が発行し始めました。

祖父母手帳

「祖父母の孫育て」と称して

・孫(子ども)のメリット

・親のメリット

・祖父母のメリット

・家族全体のメリット

とあります。

同様なものは、広島県や横浜市でも発行されているようです。

日本は、人口は減少していますが、世帯数は

まだ増加傾向にあります。

つまり、核家族化しているわけです。

単身世帯数も増加し続けています。

若い世代の単身世帯だけでなく、高齢者の

単身世帯も増えていることに気がつきます。

同居しなくなったのは、若夫婦からの希望だけでなく、

祖父母にあたる ご両親の方も同居を遠慮する

ことも多くなっているように感じます。

そんな状況を考えて、祖父母手帳が出されたのでは

ないでしょうか。

また、その一方で自治体の保育園不足も考慮されて

いるのかもしれません。

保育園不足を自治体のだけで解決するのは負担が

大きいため、こうした祖父母の方々が孫育てへ

参加するように促しているようにも感じます。

 

 

【出典】

http://www.city.saitama.jp/007/002/012/p044368.html

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。