fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

重力波観測というニュースを聞いて

2月12日に重力波が発見された(観測された)

というニュースが流れました。

アインシュタインが一般相対性理論で予想した

重要な物理現象のひとつであり、最後まで

観測できなかった課題のひとつがこの重力波観測。

このできごとが、いかにすごいことなのか、ピンと

こない人も多いかもしれません。

下記、山根一眞氏の記事を読んでもらうとそのすごさが

実感できると思います。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/276770/021400006/?P=1

今回、こうした記事を取り上げるのも、これからの

時代は、経営者に求められるのが

『理系的な視点と行動』

だからです。

アインシュタインが仮説をもとに理論を構築して

その後の科学者が実証していく、という今回の流れのように

理系的プロセスそのものが経営につながるからです。

たとえば、マーケティングにおいても

対象顧客

対象ニーズ

提供する商品、サービス

を仮説として構築し、トライをしていくこと。

しかも、毎回データを取得し、蓄積させながら

繰り返すことなのです。

同じことを繰り返すことではありません。

単に、

広告を出し続ける

キャンペーンを打ち続ける

ことではないのです。

ここがポイントであり、差がつくところと

いえますね。

 

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/