fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

音声入力で利用者が増える

スマホでは音声入力が広がりつつあり、

利用者も増えています。

音声入力というのは、パソコンやスマホを

使いこなしている人が利用しても便利な機能。

ただ、それだけではありません。

パソコンやスマホが苦手な人に門戸を広げるのです。

先日、こんなことがありました。

60代の方にパソコンの使用方法をレクチャーして

いたところ、キー入力が遅く、ストレスがたまる、とのこと。

そのため、音声入力できるブラウザをインストールし

音声入力の方法を伝えました。

たとえば、道順検索、鉄道時刻表検索は使ってみたい

ということなので、

「○○から□□へ行く」

とだけ、しゃべるよう伝えたのです。

「これなら使う」

というホンネの感想が出てきました。

こうやって、今まで使っていない層を取り込むために

音声入力があるのです。

認識も使えるレベルになっているのを知らない人も

多いでしょう。

なので、あれだけ音声入力のCMを流しているわけですね。

理解できました。

[amazon_link asins=’4798052701′ template=’ProductCarousel’ store=’fujiwaratakey-22′ marketplace=’JP’ link_id=’d8086844-f45f-11e8-ad74-c5e5d780145a’]

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/