スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

予期していたことが早くも現実に

人工知能が小説執筆をした。

それだけではない。

文学賞(星新一賞)の一次選考まで

通ってしまった、と報道されている。

つい先月、出版業界の知人から

「将来は人工知能が執筆するはず」

と聞かされていた。

出版社は人工知能に執筆させたいはずだ、という

読みである。

それが、早くも現実になりそう。

こんな小説家のテイストで執筆する、という

ことが人工知能で可能になるわけです。

コストが安く、量産できるのであれば

必ず人工知能執筆にシフトするでしょう。

それにしても、早い展開です。