スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

まさか、に対応するのも経営者

上り坂と下り坂の2種類が坂道にはあるが

もうひとつ、「まさか」という坂道が

あるのを知っておくべき。

これを聞いたのが15年前。

それからこのフレーズを忘れたことがない。

まさかの時が起こったら、通常の準備が

問われる。

「まさか」のことが起こったので

経営が継続できません、では経営者は

つとまらない。

「まさか」のことは、自然災害に限らず

経済の突発性不況、取引先の倒産など

予定外のことが発生するのだ。

そのために、シミュレーションして

対応策を考えておくべき。

自然災害に限っていえば、連絡が

取れないことが多々発生するので、

だれが、何の情報を確認するか、を

決めておく。

経営者に至っては、「衛星電話」を

所有することをおすすめする。

電話がつながらないから、わかりません、

では何も進まないから。

このひとつひとつが会社のためになる。

決して個人の感覚で、大丈夫だろう、と

判断しないでほしい。