fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

情報通信白書2016からわかること

IoT新サービス

情報通信白書が発表されています(28年度版)。

その中から気になった点を抜粋してみます。

上記は、IoTの新サービス。

・フィンテック

・シェアリング エコノミー

・サービスロボット

・ウェラブル デバイス

の4つ。

進捗度はそれぞれ違いますが、今年は

シェアリング エコノミーが拡大する年に

なるでしょう。

フィンテックとサービスロボットはまだ

普及安定期に到達しておらず、もう少し

時間がかかると予想しています。

AI導入

上記は人工知能導入によってタスク量が

どのように変化するかが図示されています。

最初の導入期は、機械化できる仕事が減少します。

その後、AIを導入普及させるために必要な仕事量が

増加すると予測されています。

この通りにタスク量が増加するかは疑問が残りますが

機械化される仕事量が減少するのは避けられないでしょう。

 

総じてキーワードとなるのは、

【生産性向上】

です。

今後、どの企業も必ず生産性を向上させなければ

生き残ることはできません。

休日は年々増加し、労働時間はますます短くなるのです。

労働人口の減少も関係してきます。

生産性向上のために情報通信領域は大きな可能性があるので

どの規模の企業も取り組む必要があると考えています。

 

 

概要

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/summary/summary01.pdf

本編

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/pdf/28honpen.pdf

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】
 
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/