fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

高齢者の定義75歳以上に提言

実は「高齢者」という枠組みは

明確な基準がない。

法律では高齢者という定義は存在していないのです。

今回、日本老年学会が高齢者の定義を

・75歳以上

にすることを提言しています。

75歳より下は

・就労

・ボランティア参加

を促すべきという意見。

そもそも今までの高齢者は65歳以上と

されていました。

これは、昭和31年(1956年)に国連の

報告書をもとに位置づけられたものです。

それが、このタイミングで75歳以上に

変更されようとしています。

なぜでしょうか?

この提言をしている日本老年学会と

いうのは、7つの学会の連合体

こうした団体がメディアを通じて

発表されることに大きな意図を

感じないわけにはいきません。

企業経営にとっても大きな影響が

予想されます。

雇用延長が将来は75歳まで延長される

ことが現実となるかもしれませんね。

 

 

【出典】

 

【出張時に撮影した空の写真が300枚超】

【経営の優先順位とは↓】
 
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/