fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

技術革新はじまる

ちょっと専門的な話ですが

革新的な内容なので取り上げておきます。

IoTの中心にあるデータ収集が安価で

構築できる仕組みがスタートしました。

京セラが海外の会社と提携したり

ソラコムが提供を始めています。

何が今までと違うのか?

センサーからデータを収集する時の

データ通信料が劇的に下がる(安くなる)しくみを

誰でも構築できるのです。

たとえば、

上記のように特定エリア内の数百〜数万の

センサーからデータを収集するのに月間数万円で

可能になるのです。

センサー1個あたりのデータ通信料は、たった

月間数円〜数十円。

これなら実現はすぐそこにあります。

手に取ることができる範囲にあると

いうことです。

素晴らしい時代だと実感しますね。

【出典】

https://soracom.jp/press/2017020701/

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】

【経営の優先順位とは↓】
 
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。