fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

世界初 カメラで会計 1秒で精算

パン屋さんは

袋入りよりそのままで販売した方が3倍売れる。

(包装販売よりオープン販売)

種類も多いほうが売上が多い。

(30種類→100種類:売上1.5倍)

ただ、100種類のパンを販売しようとすると

レジの人は200種類のパンと価格を覚えなければならない。

レジ作業を自動化するための商品(ベーカリースキャン)

が開発され展開されています。

パン屋さんだけに絞ってシステムを開発。

パンは同じような形だが種類がちがったり

同じパンでも焼くたびに少しずつ変形して

いたりします。

この認識精度が開発では大変だったようです。

このシステムはお客様を絞りに絞って開発しているので

顧客満足度は高い。

競合も少ない。

こうした開発コンセプトは経営にとっては

有効です。

ユニークですね。

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】

【経営の優先順位とは↓】
 
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/