fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

話題になることと売れることは違う

小売業販売の統計データを取り上げます。

リーマンショック以降、右肩上がりで

リーマン前の水準を越えて来ました。

しかし、ここに来て減速。

インバウンドが減少したと分析している

人もいますが、それだけでしょうか。

景気が良くなっても消費に対する目は

厳しいものがあります。

不景気の時期に

適正価格を見極める目を持った人が

増えたともいえます。

そのため付加価値をつけて販売する領域が

伸び悩んでいるのではないでしょうか。

もともとブランド価値がある商品は

販売好調ですが新たに価値を付加して

販売するには厳しいものがあります。

商品価値を消費者がどのようにとらえて

いるのかを販売する側は見極める必要が

あるでしょう。

商品が話題になることと売れることは

違うということです。

 

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】

【経営の優先順位とは↓】
 
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。