スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

ずっとトップスピードではできない

時間術の問合せや質問がきますが

その中で時間の配分について

質問されることがあります。

時間の使い方は配分で決まるわけですが

締切り間際でなんとかしようとする人は

そのクセが治らず困るようですね。

徹夜してなんとかする、というのは

その場しのぎで解決になりません。

徹夜を続けることはできませんので。

では、どうするのか。

それは、トップスピードで持続可能な

時間を知っておくことからです。

1日の中で1時間もしくは2時間しか

トップスピードを出せない

と自覚するところからなのです。

ギリギリになると1日で集中して完成させよう

と考えてしまいますが日頃やらないことを

やろうとすると失敗してしまうのです。

それより1日30分なり1時間しかやらない、

と決めることです。

それ以外は時間が余っていてもやらない

ことなのです。

限定されて中で間に合わせるような

スケジュールを組むことがカギなのです。

それが時間をコントロールできる時間術のひとつです。