fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

第4の勢力

楽天が携帯電話事業者に名乗りをあげました。

これで、ドコモ、KDDI、ソフトバンクの

3社均衡の力関係が崩れるかもしれません。

現在大手3社は激しい競争はしていません。

ある程度、均衡が保たれている状態が

続いています。

ユーザーからすればあまり面白い展開では

なく、大きなメリットも感じない時期が

続いているのです。

現在の契約数は

ドコモ:7,536万件

KDDI:4,966万件

ソフトバンク:3,910万件

となっています。

参入する楽天は140万件の契約数。

これを大胆な戦略で増やしていくことに

なるでしょう。

奇策が飛び出すかもしれません。

新規参入組はシェアを失うリスクがないので

業界常識を崩壊させる戦略を優先することができます。

これは以前のソフトバンクが仕掛けた取り組みを

振り返ればわかります。

今度は、ソフトバンクが受けて立つ側に

まわっているのが特徴です。

どのように新規参入組に対して対抗していくので

しょうか。

そのあたりも来年か再来年に目にすることが

できるということです。

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO24591520T11C17A2MM8000/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。