fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

シェア率が高くてもジャンルが違ったら・・・

【fjコンサルタンツ365日Blog:3316投稿目】

料理レシピサイトといえば

クックパッドが有名です。

 

このジャンルにベンチャー企業が

挑んでいます。

 

たとえば

https://delishkitchen.tv/

https://www.kurashiru.com/

 

このジャンル、クックパッドが

シェアを取っているのですが

ベンチャー系は違うジャンルを

切り開こうとしています。

 

クックパッドでは

・写真

・文章

でレシピを掲載しています。

 

ベンチャー系は

・動画

でレシピと調理方法を掲載して

いるのです。

 

厳密に見ればジャンルが違うのです。

そのためクックパッドのシェア率という

強みは関係ないということです。

 

クックパッドも動画を始めていますが

動画のシェア率に関しては同じ土俵、同じスタート

ラインからの出発になってしまうのです。

 

ベンチャー系のサイトを見ると

わかることがあります。

 

動画の作り方も、ダラダラと長く

つくっていないのも特徴。

 

だいたい数十秒から1分以内の動画で

作られています。

 

今後、ベンチャー系がどれだけ伸びるのか

注目ですが、20億円、30億円という

資金調達に成功しているところを見ると

大きな期待がかけられているのが

わかります。

 

料理というマーケットの大きさから見れば

そこに関わりたい企業が多数あるのは

理解できると思います。

 

それにしても、経営においてシェアを

広げることは優先されてきましたが

詳細なジャンルが違ったら、強みにも

ならないということがよくわかります。

 

 

 
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/