fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

シュリンクフレーション

【fjコンサルタンツ365日Blog:3323投稿目】

食品メーカー等が材料などの高騰により

価格据え置きで容量を減らすことを

「シュリンクフリーション」

と呼びます。

 

最近は、シュリンクフリーションが

起こっているのか確認できるサイトまであります。

http://shrinkflation.info/

 

消費者側からすれば、

①容量据え置きで値上げ

よりは

②容量減少で価格据え置き

の方が心理的負担が少ない。

 

ある意味、メーカー側も消費者側も

負担の少ない経営の選択をしていることになります。

 

メーカーにとって値上げするタイミングは

あまりありません。

消費者が納得する理由がないからです。

 

クロネコヤマトは、現場がパンクしている

ことを消費者に理解してもらうことを優先して

から値上げに踏み切りました。

 

クロネコヤマトのドライバーさんに対して

「大変」

「かわいそう」

という感情が消費者に芽生えたタイミングで

値上げをしています。

 

このくらいまで世論をつくることは難易度が

高く、どの会社もできるわけではありません。

 

そうなるとシュリンクフリーションという

選択をすることになるのです。

 

とはいっても、容量を変えることができる

メーカーさんしか選択できないので

食品、日用品に限られるわけです。

 

ただ、心理的負担を少なくしながら

選択する手法として覚えておくことは

有効だと思います。