fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

変革とは既得権を奪うこと

【fjコンサルタンツ365日Blog:3326投稿目】

企業において変革や改革を成し遂げるには

既存の既得権を一旦白紙にする必要があります。

変革の前に既得権を取り上げることが優先されます。

というのも、変革と既得権は相反するもの

だからです。

倒産した大手企業を事例にとっても理解できます。

業績悪化が続いているのにも関わらず変革しない

のは既得権があるからです。

大企業や大きな組織ほど変革がしにくいのは

既得権が大きく存在しているからです。

これは中小企業でも同じです。

組織の規模にかかわらず、既得権が大きい場合は

変革できません。

変革できない企業は将来にわたって縮小する

だけになってしまうのです。

変革や改革、革新は業績がわるい時にだけ

行うものではありません。

右肩上がりの会社にも求められます。

しかし、右肩上がりの時ほど、既得権も

増加してしまいます。

油断していると既得権増加になり、

動きの鈍い組織へとなってしまうのです。

いつも変革、毎日改善、改革がスローガンに

するぐらい企業は成長革新が必要な存在なのです。

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26323490Q8A130C1TJ1000/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/