fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

競争激化になるか

【fjコンサルタンツ365日Blog:3398投稿目】

地方銀行の環境が悪化しているのは

時々取り上げています。

金融庁が新たな報告書を公開しました。

それによると、

・1県に1行でも不採算

になる県が23となっています。

23もあるのです。

このデータを元に金融庁は地方銀行の

シュリンクを加速させると感じます。

その影響で地方銀行から転職される

方が増加しています。

ということは、一般企業において社内の

競争が激化することも考えられるのです。

ある日、銀行出身者が中途入社してきた

瞬間に自分の評価や実績が崩壊する人も

出るのではないでしょうか。

特に地方においては、

・国家公務員

・金融機関

が優秀な人財を確保してきました。

これが放出される事態は今まで聞いたことが

ありません。

経営者にとっては、良い人財と巡り会える

チャンスでもあるのです。

それにしても、業界がシュリンクする時は

他への影響も視野に入れなければなりません。

【出典】

https://www.fsa.go.jp/news/index.html

https://www.fsa.go.jp/singi/kinyuchukai/kyousou/index.html

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29264320R10C18A4I00000/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。