fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

将来に備えるのか毎日を充実させるのか

【fjコンサルタンツ365日Blog:3436投稿目】

1年前の統計データですが

あらためて眺めてみると興味深いので

取り上げてみます。

 

2017年6月に行われた

国民生活に関する世論調査」。

(対象10,000人)

 

この中で

・将来に備えるか、毎日の生活を充実させて楽しむか

という調査項目があります。

 

全体の結果では、

【毎日を充実、楽しむ派】59%:32%【将来備える派】

となっており、毎日を充実させ楽しむ人の方が

多い結果となっています。

 

この結果自体は違和感なく受け入れられるものです。

しかし年代別の結果を見るとそうではありません。

 

18歳〜29歳

30歳〜39歳

40歳〜49歳

の世代で逆転現象になっているのです。

 

半数以上が「将来に備える派」という結果に

なっていることに注目です。

 

これでは、消費が伸びないのも納得がいきます。

若い世代ほど、将来に備えている現実が浮かび

あがるからです。

 

このデータだけで結論を出すことはできませんが

ひとつの傾向として頭に入れておくことは

必要だと感じました。

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/