fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

返上のお知らせが出ている

【fjコンサルタンツ365日Blog:3503投稿目】

製造

ISO認証返上のお知らせが出ています

「ISO認証返上のお知らせ」という告知が

企業側からされるのが目につきます。

 

「ISO認証返上のお知らせ」と検索すると

企業のサイトが検索結果にあがって

きます。

 

ISO14001(環境マネジメント)の認証返上が

続いているようです。

ISO14001認証企業数も年々減少している

ようです。

 

他のISOと比較してメリットが少ないためか

返上を決断していると予想できます。

 

ISOは認証取得だけでなく毎年の更新が

必要です。

 

その手間と費用(コスト)を考えると

それなりのメリットが企業側になければ

なりません。

 

その点、環境マネジメントのISO14001は

費用対コストが釣り合わないということだと

思います。

 

浸透したので終わりにします

ISO14001認証返上のお知らせしている企業の

コメントを読んでみると

・社員に浸透した

・返上しても継続できる

・定着した

・自社規格で運用する

という文言が並んでいます。

 

このような話題が広がると次々に

ISO14001認証返上

という動きが広がるかもしれません。

 

特に

「とりあえず取得してみた」

という企業では決断もはやいと

思われます。

 

もともとISOは資格なので取得していると

企業間取引をする時にお互いを審査する

手間が省けます。

 

その点はメリットがあるのです。

大手企業と取引するときは、

・取引条件

になっているので懸命に取得に走る

構造になっているわけです。

 

これが「取引条件」に入っていない場合は

資格を持っている必要がありません。

 

それなら返上してしまおうか、となるのは

普通の流れだと感じます。

 

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/