fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

建築の手法は幅広い

【fjコンサルタンツ365日Blog:3526投稿目】

住宅

建築は幅広い

このブログで何度も建築のことを

取り上げています。

 

建築の仕事に携わっていたのも

ありますが、建築の工法は幅広いので

興味を持って見ています。

 

また新しい工法が生み出されるので

定点観測している業界のひとつです。

 

住宅の建築数は景気にも影響を与えるので

今後を予測する上でも外せないと

感じます。

 

今回は「アースバッグ工法」を取り上げたいと

思います。

 

発泡スチロールの家

ユニークな建築の工法を振り返ります。

下記Blogで取り上げた発泡スチロールの家。

イノベーションは素人発想と情熱から

https://www.businesscreation.jp/2017/04/23/

国内のメーカーがつくっており、

建築の材料として認可されているのが

特徴です。

 

たまに見かけるようになりました。

それなりの普及はしていると感じます。

 

アースバッグ工法

今回取り上げるのは、

・アースバッグ工法

です。

 

これはシンプルな工法で土のう袋に

混合土を入れて積み上げていくだけです。

開発した方は

http://www.calearth.org/our-founder

です。

 

動画を見ればわかりますが難しい

ところはありません。

とても単純な工法です。

 

コストも安価にできると思いますし

建築に詳しくなくても手がけることが

できそうに見えます。

 

ただ、実際に日本で建築する場合は

建築基準法が通りません。

 

骨格に鉄骨等を組めば、建築基準法は

通ります。

 

その点が障壁にはなっているのが

現状です。

 

3Dプリンターの家

今後、広がるであろう建築工法は

3Dプリンター工法があります。

過去に取り上げたこともあります。

 

https://www.businesscreation.jp/2017/03/12

https://www.businesscreation.jp/2015/05/03

 

この3Dプリンター工法は

・建築部材

をつくることも可能ですが

一気に現場で住宅をつくることも

できるのです。

 

現場で一気に住宅をつくることができれば

住宅の価格破壊が起きます。

 

タイニーハウスというジャンルは

3Dプリンター工法が席巻する可能性も

あるのです。

 

価格も建屋だけだと200〜300万円で

おさまると思います。

 

総額500万円以内であれば普及が爆発

する可能性もあるのです。

 

こうしたイノベーションが今後

楽しみです。

 

新しい住宅のジャンルができるかも

しれませんので法律が追いついて

くれることが理想です。

 

安全性の確認は大切ですがスピードを

追い求めることも同時にしてほしいと

感じます。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。