fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

自動販売機で受付と決済

【fjコンサルタンツ365日Blog:3532投稿目】

自動販売機

日本は自動販売機王国

日本では自動販売機は見慣れた光景です。

しかし、この光景は日本特有のものです。

 

現金が入っている自動販売機を野ざらしに

できるのは日本の特徴です。

 

海外では自動販売機が狙われるので

数が限定されています。(対人口割合)

 

では実際に日本ではどの程度の台数が

稼働しているのでしょうか。

 

飲料自動販売機:244万台

食品・タバコ等自動販売機:24万台

乗車券・食券・入場券等自動販売機:6万台

日用品雑貨自動販売機:24万台

の合計298万台となっています。

https://www.jvma.or.jp/information/information_3.html

 

飲料自動販売機の売上は

・2兆円超

といわれています。

 

マーケットとしては存在感のある大きさ

なのです。

 

自動販売機の機能が増えている

自動販売機も進化を遂げており、紙幣や

硬貨だけでなく、Suica、Edyなどの支払い

も可能になっています。

 

今後はQRコードの支払いもできるように

なるのではないでしょうか。

 

表示も4ヶ国語に対応している自動販売機も

出てきており外国人旅行客を視野に入れて

いるのもわかります。

 

省エネに関しても進化しており、

・太陽ソーラーパネル設置

・ヒートポンプ機能

により以前より電気消費量を抑えています。

 

また、自動販売機に

・Wi-Fiスポット

を設置している機種もあり旅行時には

有益な機能のひとつとなっています。

 

災害時には、救援支援ができる自動販売機も

あり、バッテリーで稼働させて飲料水を供給

できるような機種も存在しています。

 

受付機能と決済機能を活かす

新しいサービスとして

・お弁当の受付、集金

を自動販売機で行う機能がはじまりました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33797900T00C18A8000000/?n_cid=NMAIL006

 

企業に置いてある自動販売機で

午前中にお弁当ボタンを押して

弁当代を払っておくと宅配して

くれるシステムです。

 

これだと、企業内の人の手間を

かけることなくお弁当発注、

集金ができるので工数削減になります。

 

お弁当を依頼する側も自動販売機なら

お金を支払う時に安心感があり

慣れているので、操作を新たに

覚えることもありません。

 

このように自動販売機は

・受注、受付

・集金、決済

機能が備わっている機材です。

 

しかも普及台数も多いので今後も

新たな機能追加により私たちの

生活が便利になることが予想されます。

 

コンビニエンスストアが少ないエリアでは

自動販売機が活躍するかもしれません。

 

今後も楽しみな業界のひとつです。

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/