fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

過剰サービスが減少していく

【fjコンサルタンツ365日Blog:3549投稿目】

自動車

人手不足が気が付かせるもの

人手不足は経営にとって致命的な

ものですが、場合によっては新しい

気付きがもたらされます。

たとえば、

・効率化が進む

・生産性が向上する

といった良い面もあるのです。

やるべき仕事量が決まっている場合は

1人欠けていてもやりきらなければ

なりません。

そんな時、

・今までと同じやり方では間に合わない

という切迫感が新しい気付きとなり

新たな手法を編み出します。

他にも気付かされる点があります。

それは、

・無駄な部分

がわかってくることです。

無駄とは

・意味がないこと

・効果がないこと

になります。

業務の中にも存在していますが

お客様へのサービスの中にも

こうした無駄があることが

わかるようになるのです。

過剰サービスだと気付かされる

たとえば、

・過剰サービス

となっている部分に気付かされる

ことがあるのです。

お客様のためと思って続けているサービスが

実は求めているものとズレていた、という

サービス内容です。

レンタカー会社が24時間営業を取りやめる

発表をしました。

今まで都心部の店舗(既存店の8%)で

24時間営業をしていました。

これを廃止していくそうです。

働き方改革のためという発表がされて

いますが、今は有人店舗の24時間営業が

それほど必要とされなくなったことが

原因だと感じます。

またカーシェアのサービスも普及しており、

カーシェアだと無人で24時間利用できるので

代替サービスの影響も大きいと予測できます。

このように今まで疑うことなくお客様に

提供していた内容を見直すきっかけを

人手不足問題は与えてくれていると感じます。

人が減ったからできない、というサイクルだけでなく

そこでもう一度ゼロから見直して

・抜本的な改革

・根元治療

を施すタイミングだと自覚することです。

3%、5%のコストダウンや効率化より

10%、20%の改善の方が難易度が低い場合が

あるものです。

そこには新たなプロセス、設備導入が必要には

なってきます。

しかし、アイデアや知恵だけで改善するものも

あるものです。

今回のレンタカー会社にとっては、一度繰り広げた

サービスを廃止する理由が見当たらなかっただけ

かもしれません。

人手不足ということで思い切って24時間営業を

廃止という決断ができたかもしれません。

組織は理由やきっかけがなければ始まらない

ものです。

人手不足というきっかけを上手に利用する

という考えで経営していくことだと感じます。

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO35178040Q8A910C1TJ2000/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。