fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

単身世帯の割合が増加

【fjコンサルタンツ365日Blog:3561投稿目】

単身

単身世帯数が増加している

単身世帯数は人口減とは反比例して

増え続けています。

 

ニュース等の論調では

・結婚しなくなった

という内容のものもありますが実際には

・高齢者の単身世帯増加

も大きな要因のひとつです。

 

今まで、モデルのなる世帯像というのは

・4人家族(子ども2人)

で就業しているのは1人のみという設定でした。

 

しかし、現在はこのようなモデルの世帯数が

減少しています。

 

4人家族であっても就業者数が2人の世帯が

増えているからです。

 

単身世帯数の推移を振り返ると

・1990年:939万世帯(総世帯数:4,067万世帯)23%

・2000年:1,291万世帯(総世帯数:4,678万世帯)27%

・2010年:1,678万世帯(総世帯数:5,184万世帯)32%

・2015年:1,841万世帯(総世帯数:5,333万世帯)34%

となっています。

 

単身世帯数は25年間で

・2倍

に膨れています。

総世帯数が25年間で

・1.3倍

なので単身世帯数の増加率の方が高いことがわかります。

 

【出典】

 

単身世帯の割合が30年で2.4倍に

総世帯数の中における単身世帯数の割合も

同様に増えています。

 

上記データからみると25年間で

・23%→34%

と割合が増えているのがわかります。

 

他のデータでは30年前と比較して

・7%→17%

と割合が増加していると出ています。

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO35637780R20C18A9NN1000/

 

また現在では5世帯のうち1世帯は

・働かないひとり暮らし世帯

となっているとのこと。

 

そこまで想像していない人も多いのでは

ないでしょうか。

 

実態はここまで来ているということです。

 

今後はひとり世帯向け商品サービスが増加する

ビジネスでは

・ひとり世帯向け

の商品サービスが広がっています。

 

隣接している企業は、ひとり世帯向けの

商品サービスを考える時期に来ているようです。

 

特にIoTの業界は今のところ工業、農業系の

(法人向け)商品サービスを出していますが、あと数年すれば

ひとり世帯向け(エンドユーザー向け)へと

展開するはずです。

 

商品の供給が広がり、コストダウンが可能になれば

エンドユーザー向けに広がるでしょう。

 

特にひとり暮らしを見守ることはニーズが高く

緊急性もあります。

 

本当はセキュリティ会社が行えばいいのですが

価格設定が高いのでエンドユーザーへの普及には

時間がかかると思います。

 

そうなると新規参入、異業種からの参入により

価格破壊が起きて一気に広がると見込んでいます。

 

人口動態からビジネスを考えることは

経営者に必須だと感じます。

 

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。