fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

依存度が高いとしんどいね

【fjconsultants365日Blog:3676投稿目】〜1日3分、3ヶ月で1冊分の知識転移〜

海外から信用されている人の発言

昨日のBlogでとりあげた

・日本電産ショック(仮称)

のことを考えていましたが、日本電産の

会長である永守氏は海外から信用が

厚い人なので海外投資家が敏感に反応

すると感じています。

 

日本の状況、米中貿易戦争の影響が

出ていることを認識し、早々に

手を打ってくるのではないでしょうか。

 

日本電産はマイナス材料を出し尽くし

信用が上がりますが、マイナス材料を

出していない企業の評価は一気に下がる

ことになります。

 

中国では自動車も売れてないですし

iPhoneも売れていません。

生産調整が報道されています。

 

3割程度のダウンが起こっているとしたら

日本企業で大きく影響を受けるところが

出てきます。

 

自動車、iPhoneともに日本企業が

部品を提供しています。

 

その企業が自動車、iPhoneの部品提供

依存度が高い場合、経営にもおおきな

影響が出てくるでしょう。

 

依存度が高いと時には倒産する

経営は依存度が高いと不安定なことが

発生しやすくなります。

 

依存度の高い売上というのは

だんだんと増えていくので売りを止める

企業は少ないと感じています。

 

「わかっているけどやめられない」

という判断です。

 

スマホの部品メーカーで良い結果を

得られた企業もありますが、その裏で

倒産した企業もあるくらいです。

 

設備投資をすれば発注するから、と

言われて一気に大型設備投資をした

企業が結局受注できず倒産したという

記事を見たことがあります。

 

ひとつの受注に賭けたわけですが

それが大き過ぎたというわけです。

米国、中国依存度に注意

今年2019年は自社の売上を

・米国

・中国

に依存している企業がしんどく

なります。

 

特に中国依存度が高い企業は

一気に売上が2〜3割減少する

ことを想定しなければならなく

なりました。

 

売上は2割下がるだけで損益に

大きな影響を与えてきます。

 

過去にも2割弱の売上減少で

経営が右往左往した経験があります。

 

ようするに一気に減少した売上を

取り戻すのに時間がかかるのです。

 

2割の売上ダウンを補うことは

はやくても1年間、通常ですと2年間は

かかるものです。

 

自動車、スマホ依存度も

自動車業界、スマホ業界に部品を

提供しているメーカーも売上減少という

局面を迎える可能性が高いです。

 

自動車業界で早期に影響を受けやすいのは

中国依存度が高い企業です。

 

ちなみに、自動車メーカーも大陸別の

輸出量を確認するとそれぞれのメーカーが

偏りがあります。

 

唯一偏りがなく、平均的にどのエリアにも

分散している自動車メーカーはマツダだけ

です。

 

大手自動車メーカーも偏りがあるということは

それだけ依存度が高い部分があるので

自動車メーカーに部品を提供している企業も

影響を受けやすいということです。

 

スマホは今までiPhoneが強すぎました。

それがこれからは調整期に入ります。

 

これはもともと予想されていたと思うので

影響は少ないかもしれません。

織り込み済みの減少と言えるからです。

 

こうして見ると企業は規模に関わらず

依存度が高い部分があると経営はしんどい

ものになります。

 

売上・利益が乱高下する可能性が高く

なるからです。

 

安定期と混乱期が交互に訪れる経営に

直面することになります。

 

それを避けたい場合は分散させるしか

ありません。

これも経営の選択です。

どちらが正しいというものではないのです。

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/