fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

結果を出すリーダーとは

【fjconsultants365日Blog:3699投稿目】〜1日3分、3ヶ月で1冊分の知識転移〜

リーダーになる過程がある

リーダーとして活躍するようになるには

プロセス(過程)があると感じています。

 

時に論じられるのが

「彼(彼女)は何にもしなくてもリーダーになった」

といった成功体験です。

 

もしくは

「リーダーをさせたらリーダーとして成長した」

といった経験です。

 

これはうまく育った経験を取り上げた事象で

あり、確率論でいけば1/100くらいの結果だと

思います。

 

それほどリーダーの育成は難易度が高いと

言われていることなのです。

 

なぜリーダーの育成は難しいのでしょうか。

どうして結果を出すリーダーがウチの会社から

生まれないのでしょうか。

 

リーダーになる人とそうでない人

リーダーになる人とそうでない人には

大きく違いがあります。

 

欠かすことのできない仕事の姿勢が

あるのです。

 

このボタンを掛け違うと何年リーダーを

やっても真のリーダーになることができ

ませんし、思うような結果を出すことも

ありません。

 

そのままリーダーとして年数が経つと

残念ながらリーダーとして 不適格の

烙印を押されてしまうこともあるのです。

 リーダー

その仕事の姿勢とはこんな感じです。

リーダーとして

・会社と私を一体化する

ことです。

 

会社と私を一体化させられる思考です。

他の表現をするならば

・主体性がある

・センター思考がある

・当事者意識がある

と表すことができると思います。

 

では、そうでない人はどのような感じに

なるかといえば、

「会社の方針を示してほしい」

「会社の方向性がわからない」

といったことを言い続けている状態です。

 

リーダーになって数年が経ってもそんな

口調で言っていたり、何歳になっても

同じことを言い続けています。

 

こうしたリーダーとしての姿勢を持っている

こと、もしくは当事者意識のある発言、

行動をしているかが真のリーダーになるには

カギになります。

  

結果を出すリーダーとは

結果を出すリーダーとは、上記のように

考えていくとリーダーとしての

・スキル(技術)

を身につけることが優先ではないのが

わかります。

 

当事者意識の薄い人にリーダーとして

スキルを身につけさせても結果を出す

ことを見かけたことがほとんどありません。

 

「彼(彼女)は優秀なのに・・・」

といった会話が交わされるのはそんな

原因があるのです。

 

優秀だけど結果の出せないリーダーには

当事者意識が薄い、他人事に捉えている

という姿勢があるということです。

 

うまくいかなければ会社の責任を追求

するような口調になるリーダーです。

 

これではリーダーとしての成長もありませんし

結果を出すことなんて望みがありません。

 

ということは、結果を出すリーダーを

育てたいと考えるならば、リーダーとしての

姿勢を教えることからだと思います。

 

当事者意識を持てるようにするのが優先であり

それ以外は後でもいいのではないでしょうか。

 

土台や基礎がしっかりしなければ建物は

建築できません。

 

ましてや高い建造物にはなり得ないのです。

そんなことを考える場面が多くなりました。

2019年、2020年の将来を予想すると

今年はリーダー育成が急務だと感じます。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/