fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

小売業界の7月結果がダブルパンチ状況なのか

【fjconsultants365日Blog:3,888投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

7月の結果

予想以上なのかもしれない。
7月の結果。
スーパーマーケットの売り上げが減少、4年ぶりの低水準。

日本チェーンストアの理事コメントは次のような内容。

「天候要因が大きいにしても数字が悪すぎる」
「節約志向が常態化し増税前で消費者心理も冷え込んできている」
(日本チェーンストア協会理事コメント)

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO48810070R20C19A8TJ2000/

スーパーマーケット売り上げの詳細を見ていくと、前年同月比と比較して

  • 食料品→5.3%減少
  • 衣料品(夏物)→16.2%減少
  • 住居関連品→7.3%減少
  • 全体では→7.1%減少
スーパーマーケット

となっています。
衣料品は大幅な下がり方。

スーパーマーケット以外のアパレルはどうなのでしょうか?
ユニクロの業績は

ファーストリテイリング(2018年8月期売上高:2兆1300億円)が発表した7月の国内ユニクロ事業の売上推移速報によると、既存店(7286店)とEコマースの売上高は10.0%減、客数5.8%減、客単価4.5%減となった。

https://www.ryutsuu.biz/sales/l080241.html

と既存店の売上は10%減少になっています。

他の小売も見てみると、天候の影響か軒並み減少となっています。

洋服

判断の迷う結果

2019年7月は天候不順という要因もあったので景気動向として
判断するか迷います。

ただ「年金2,000万円問題」といった話題が広がり消費にブレーキが
かかっている可能性も否定できません。

天候不順と消費ブレーキのダブルで影響が出ている可能性があると
いうことです。

これが続くかどうか、という問題ですがボーナス商戦時期に
「お金を使わない」を4年〜5年ぶりに経験してしまうと
お金を使わないことに慣れてしまう恐れがあります。

賞与ボーナスをもらったときに「使わない」という経験により
「別に問題ないね」といった心理が出てくることです。

まとめ

人は経験によって今後の行動を決めていきます。
消費が下がっていた時に、消費を上げるためには、お金を使う経験が
必要です。

お金を使ってもいいと思える程度の給与、賞与ボーナスが出ると
「使ってみよう」となるのです。

この5年間はその結果、消費が上向きました。
これが現在、踊り場に来ています。
今後は、「使わない」経験により、さらに使わなくなるという
サイクルに入る可能性があります。

日本の株式市場では外国人株主が減っています。
消費税アップという政策をマイナス評価しているからです。
消費が下がるでしょ、と見込んでいるわけです。

その予想が当たりそうな気配。
今後も動向が気になります。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/