経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

3桁しか買わない消費者心理

【fjconsultants365日Blog:4,216投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

3桁しか買わないとは

3桁しか買わない」と大学生が言ったのが耳に
入ってきました。

洋服を買いにファストファッションのお店に行けば
通常より在庫が多く、安売りしてるのが学生でも
わかります。

学生は今、アルバイトも減少し使えるお金が減っています。
そのため、洋服にかけるお金は1点あたり3桁まで。
要するに1,000円以上の洋服は買わないのです。

この感覚を少し覚えていてほしいと思います。
3桁と4桁で間、900円と1,000円では差が大きく
感じます。
価格面では大きく左右する価格帯なのです。

コロナ前までは、1,000円の壁を突破していました。
たとえば、ファミリーレストランなどの外食も1,000円
以上の単価でしっかり売れていたのです。

ここにきて、バブル後ずっと続いた不景気と同じような
感覚に戻っているのではないでしょうか。

ユニクロも1,000円以内で買える特集を始めています。

UNIQLO

#990円で夏服そろえたい人集合
https://t.co/1KbQhGG3Y9?amp=1

この感覚がやはり鋭く、対応が速いと感じます。

エンドユーザー向けの商品を扱っている場合、価格戦略は
非常に欠かせないものとなります。

価格設定には答えがありませんが、感覚で消費者の心理を
理解しているとかなりの率で当てることができます。

ちょうど良い機会なので、顧客心理を自分の中に取り
入れてしまいましょう。

顧客心理とは、
・財布のヒモを緩める感覚
・値ごろ感の感覚

と言い方をします。

ビジネスは人の心理を避けて通ることができません。
どこかで身につける能力のひとつです。

洋服

アパレルの在庫過多

アパレルのメーカー大手の在庫が積み上がっており
過去最高になっています。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61752880Q0A720C2EA2000/

在庫を減らすために開き直って処分価格で販売する、
安売りをすると宣言している会社もあります。

状況が状況だけに開き直るしかなさそうです。

ただ開き直りも1つの戦略で、そこから新しいビジネスが
生まれてくることがあります。

開き直り戦略

ある地方の経営者の方は、新型コロナウィルスの影響に
よって仕事が激減。
開き直ってゴルフ場に通っているのを聞きました。

メリットもあるなと感じたのは、今は経営者の集まりが
ほとんど行われていないからです。

通常は、夜に集まっていましたが、現在は中止。
ほとんど開催されていません。

偶発的な出会いがうまれる機会が減っている分、
こうした昼にお会いする場をつくるのは、営業的にも
意味があることではないかなと思っています。

開き直り戦略とも言える手法です。

仕事がない時ほど歩きまわる、探し回ることから
道が開けることは発生しうる出来事です。

確率も一定の割合で存在しています。

コロナだけれども、あえて出歩くことでビジネス
チャンスが広がるパターンです。

まとめ

お会いできるチャンスがある、もしくは紹介してもらえる
チャンスがある場に行くのは、今後は意図として行っても
いいのではないでしょうか。

いつも同じようなメンバーとお会いしてるだけでは
ビジネスが広がる可能性を閉じているようなもの。

新しい人を紹介してもらうよう周りにも依頼するのも
有益な方法だと思います。

コロナの時期、『機会は自ら創るもの』が試されて
いるように感じます。