fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

どこで変わるタイミングなのか

【fjconsultants365日Blog:4,366投稿目】
~経営には優先順位がある~fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

物価指数

消費者物価指数に変化が出てきました。
2020年11月度の結果です。

消費者物価指数が大幅に下落
前年同月比の比較ですが10年ぶりの下落幅。

2015年基準 消 費 者 物 価 指 数
全 国 2020年(令和2年)11月分

https://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/pdf/zenkoku.pdf

この数年間、日本銀行の政策は『2%の物価安定目標』を掲げてきました。
方針は今でも変えていません。

しかし、コロナ禍の物価下落圧力を意識しており、2021年3月に『2%の物価安定目標』施策の点検を公開すると発表しています。
その結果によっては、2021年4月以降に日本銀行の施策が変化するかもしれません

変わるタイミング

施策が変わる。政策が変わる。
今年来年は毎月のように方向転換するでしょう。

来年2021年の方が方向転換が激しいのではないかと予測しています。
要因は、日本より海外
コロナ禍において覇権争いも発生しており、海外においては一触即発の状態なのです。
あまり日本のメディアでは取り上げられないので、発生後に報道され始めるのでしょう。

どちらにしても、まだイベントは続きます。
まだ道半ばと考えています。

海外のニュース

海外の情報はどこから得るといいのでしょうか。
中立的にニュースを扱う報道機関がベストです。
たとえば
https://www.aljazeera.com/
は扱う内容が偏っていないと言われています。

動画は、
https://www.youtube.com/c/aljazeeraenglish/
にあるので映像から見る方が理解しやすいかもしれません。

まとめ

ニュースは量を得れば良いというわけではなく、どちらかと言えば時系列でまとめられることの方が大切。

同じジャンルのニュースを見続け、蓄積することで理解が深まります。
楽しくなります。

来年もニュースがもっとも興味深いコンテンツになりそうです。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/