fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

魅力ある製品群は少なくなるのか

【fjconsultants365日Blog:4,382投稿目】
~経営には優先順位がある~fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

日本経済新聞が『2020年優秀製品・サービス賞』を発表しています。
受賞製品・サービスは下記の通り。

  • 【生産財】
  • スーパーコンピューター『富岳』:理化学研究所/富士通
  • 5G対応ガラスアンテナ『ウェーブアトッチ』:AGC
  • 発熱者感知カメラ『AIサーマルカメラ』:アイリスオーヤマ
  • 5Gスマホ用コンデンサー『GRM 02/01』:村田製作所
  • 木質耐火部材『クールウッド』:シェルター
  • 【消費財】
  • ゲームソフト『あつまれ どうぶつの森』:任天堂
  • エアコン『うるさらX』:ダイキン工業
  • 自動車『ヤリス』:トヨタ自動車
  • 電動三輪バイク『AAカーゴ』:アイディア
  • 眼鏡型端末『レティッサ・ディスプレー・ツー』:QDレーザ
  • スマートフォン『ギャラクシー Zフリップ 5G』:サムスン電子ジャパン
  • 【サービス】
  • AIが過失割合を判定『事故状況再現システム』:東京海上日動火災保険
  • オンライン会議システム『ズーム』:ZVCジャパン
  • オンライン診療システム『クロン』:マイシン
  • 『民族共生象徴空間』:アイヌ民族文化財団
  • 遠隔合奏サービス『シンクルーム』:ヤマハ

この中で気になる製品・サービスがあるのか気になるところですが、それより気になるのは審査員。

実際には、審査委員会が審査をしています。
委員長名しか公開されていないようです。
公開すると審査員に影響が出るからでしょうか。
その辺りは公平な内容になっているのでしょう。

昨年比較

2019年の受賞製品・サービスは下記から見られます。

意見は分かれると思いますが、2020年より2019年の方がバラエティに富んでいるように感じます。
表現しづらいですが、魅力度合いに違いが出ているように感じます。

おそらく対象となる製品・サービスの母数が違うのでしょう。
やはり対象となる数が少なかったのではないかと思います。

世に出ない商品群も

そう考えると開発途中で頓挫している商品やサービスが多いのではないでしょうか。
数年かけて開発してきた商品も中止になるケースがあるでしょう。
報道されているのは、ほんの一部にしか過ぎないと思います。

報道された中で有名なのは、
三菱重工:スペースジェット凍結
でしょうか。中止にはなっていませんがストップしたのは事実です。

まとめ

2019年に新発売された商品がこの数年の中では品質としてピークになるかもしれません。
開発コストをかけることができた製品群です。

個人的にも、『この商品は2度と出てこないだろう』と感じる製品もいくつかあります。

いわゆるデザイン性が高過ぎる商品であり、機能性がオーバースペックな製品です。
これから数年は開発が延びたり、妥協した製品が出てきてしまう時期だと感じます。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/