fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

すべてケージフリーになるのか

【fjconsultants365日Blog:4,407投稿目】fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

値上がり

卵が値上がりするかもしれない。
そんな内容をメディアが取り上げています。

理由は『アニマルウェルフェア』の影響。
アニマルウェルフェアについては下記で詳細を見ていきます。

今までOKだったことが、いきなりNGになる。
製造業でも過去に頻繁に発生していました。
環境汚染を防ぐために規制がかけられたことがあったのです。
それが他の業界で似たような現象が発生している。

それが卵なのです。

アニマルウェルフェア

アニマルウェルフェアとは、

「アニマルウェルフェアとは、動物の生活とその死に関わる環境と関連する動物の身体的・心的状態」と定義されています。(農林水産省ウェブサイトより)

https://www.maff.go.jp/j/chikusan/sinko/animal_welfare.html

という意味で、動物の環境改善を提言しています。
家畜の飼養管理の基本的な考え方として『5つの自由の確保』が提言されています。

  • 飢え、渇き及び栄養不良からの自由
  • 恐怖及び苦悩からの自由
  • 物理的、熱の不快さからの自由
  • 苦痛、傷害及び疾病からの自由
  • 通常の行動様式を発現する自由

の5つです。

アニマルウェルフェア
アニマルウェルフェア
アニマルウェルフェア

ケージ飼育から放し飼いへ

ケージ飼育が当たり前だった採卵鶏の飼育がアニマルウェルフェアにより平飼いや放し飼い(ケージフリー)へと移行しています。

米国の企業では、すべて『ケージフリー』の卵を使用することを宣言しているところもあります。
(例:コストコ、スターバックス、マクドナルド等)

日本にもその流れがやってきているのです。

まとめ

効率を優先させてきたことが今後は通用しなくなる。
今回は卵を題材に振り返ってみました。

卵の価格は今後上がるかもしれない。
そうメディアでは取り上げられていますが、最終的には消費者が決めます。

ケージフリーの卵しか買わない層が日本で増えるかどうかです。
企業も同様にケージフリーしか使用しないと宣言するかどうか。
大手企業が率先してアニマルウェルフェアを牽引することも予想されます。
その影響は日本全体にも広がるでしょう。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/