fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

他力と自力

【10年超:fjconsultants365日Blog:4,425投稿目】
~経営には優先順位がある~fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

給付件数

持続化給付金の給付件数が記事として出ていました。4,210,000件の給付を行ったとあります。
中小企業に最大200万円、個人事業主には最大100万円の給付を行いました。

どの程度の割合で給付されたのでしょうか。

法人の数が2,800,000社余り、個人事業主フリーランスの人数が6,000,000人位と考えれば半数近い割合で給付金をいただいたことになります。

まわりを見渡せばそのような感じがします。
違和感はありません。

一時的に前年同月比が半分以下になった月が1回でもあれば持続日給付金を受けられる内容です。
給付されるスピードはとても速かった。
この持続日給付金があったから助かった、
と言う声も聞いています。

今後はなし

持続化給付金は既に終了しています。
次の予定はありません。

今後は成長発展する企業を中心に支援していくという国の方針になっています。
助けるというニュアンスは徐々に減っていくのではないでしょうか。
転換する、再構築する、発展させる、向上させる、といった単語が飛び交うような気がしています。

自力以外

ビジネスでは、自力で稼ぐ以外のお金をいただくとコントロールされる立場になっていきます。
出資、助成、支援、給付、など形式は様々ですが、自分がコントロールできる部分が減っていくのは事実です。

人から指図されたくないという気持ちが強い人ほど、誰にも頼らずに歩んでいきたいと考えているのではないでしょうか。

まとめ

こうした助成はタイミングよく出てくるとは限りません。
タイミングが合えばいいですが、計画して頼ることはできません。
あくまでも経営は自力がベースになっています。
「万が一に備える」というのは災害時だけでなく、こうした経済ストップも同じように考えておくことです。

災害についてもこれから先は準備が必要です。
自然災害予想は専門家から出ています。
これも重なって発生することもあるので何事もシミュレーションしておくことです。

最悪を想定しておけば何が発生しても慌てることはありません。
想定内だからです。
これはマイナス思考になることではありません。
あくまでも想定し仮想体験しておくことだけです。
最終ジャッジを迫られる経営者には必須だと感じます。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/