fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

3パターンのサブスク価格設定とは

【10年超:fjconsultants365日Blog:4,465投稿目】
~経営には優先順位がある~fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

マーケティングネタ

久しぶりになりますが今回は作業靴のサブスクリプションについて取り上げます。
アシックスasicsが出してきました。
Webサイトを見ると、デザインセンスの高い作業靴が並んでいます。

「作業靴サブスクリプションサービス」アシックス

https://workgoods-mcdp.jp/

価格設定

ユニークだと感じたのはサブスクリプションの価格設定。
3種類の設定をしています。

作業靴は仕事内容によって消耗するスピードが違います。

・毎日使用する人もいれば、
・週に2回〜3回程度の人、
・月に数回の人と分かれます。

その消耗スピードによってサブスクリプションの価格を分けているのです。

理解しやすいように表にまとめてみました。
交換サイクルが短い場合は月額は高くなりますが、1サイクルの支払い総額は最も低くなります。
値引率は7%と12%となっています。

大きな値引率にはなっていませんが、1割以上は下がっているのがわかります。

月額交換サイクル1サイクル総額値引率
ロングプラン880円12ヶ月毎10,560円
ミドルプラン1,630円6ヶ月毎9,780円7.4%引
ショートプラン3,100円3ヶ月毎9,300円12%引

価格設定のパターン

価格設定は企業ノウハウが詰め込まれています。
ただしサブスクリプションは大企業でも経験が少ないので試験的運用の場合もあります。

今回のように消耗スピードによって価格を変える、交換サイクルを変えるパターンは覚えておいて損はありません。
他の商品のサブスクリプションにも応用可能です。

まとめ

サブスクリプションは、消耗品や消費する商品に関しては新しい商品が来るタイミング(期間)を選びたいのが顧客心情です。
食品の定期便は『毎月送付』しか選べないことがあり、家庭で消費が間に合わず残ってしまうことがあるからです。
そこまで提供する企業が対応しなければ普及は広がらないのかもしれません。
工数のかかる作業になってしまうので、企業側は簡単には導入できないのでしょう。

こうした顧客心情に合わせたカスタマイズがサブスクリプションのカギになることがあるので覚えておきたい部分です。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/