スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジfrom2011

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジfrom2011

「ニュースから企業経営のヒント」の記事一覧

bubble

過ぎ去って初めてわかることがある

「バブルは崩壊して初めてバブルと分かる」という言葉は、人々が経済バブルの興奮に包まれ、リスクを見落とす心理状態を示しています。バブル期には楽観主義が支配し、警告が無視されがちですが、崩壊後に現実が明らかになるのです。経済の循環を理解し、過去の教訓を生かすことで、将来のバブルに備えることが可能になるでしょう。
マイナス金利解除

ほぼ決まりみたいです

ほぼ決まりのようです。日銀はマイナス金利解除に向けて3回目のメッセージを発信。市場は解除をほぼ確定と見ているが、日銀は過剰反応を避け慎重な姿勢を保っています。経済指標と春闘結果を見極めつつ、解除タイミングを判断する段階にあると言えるでしょう​​。
mail

なりすまし対策のSPF/DKIMでメールセキュリティを強化

近年、Gmailをはじめ、メールセキュリティ対策としてSPF/DKIM認証が必須化されています。SPFは送信ドメイン認証、DKIMはメール改ざん防止技術です。これらの技術を実装していない場合、メールが届かない、迷惑メールと判断される、受信者が開封しないなどの影響が発生します。一方、SPF/DKIM認証は、メール信頼性向上、なりすまし・改ざん防止、受信率アップといったメリットがあります。早急に設定することをおすすめします。
Loan

企業融資のトレンドとして注目

金融庁の報告によると、2023年上半期に地方銀行とメガバンクの無保証融資の割合が大幅に増加しました。この傾向は、金融機関が融資時の個人保証を減少させていることを示し、2024年にはこの流れが金融業界の重要な変化として注目されると感じています。無保証融資の結果が数年後に明らかになったとき、再度注目されるようになるでしょう。
金利上昇

7年ぶりの高まりがある

金利の上昇が大手銀行の貸出利ざやを7年ぶりに改善させ、銀行収益の増加をもたらしています。この変化は、借り手には返済負担の増加を意味しますが、金融市場全体の健全性の回復とも解釈できます。金利上昇の影響は銀行業界に好転をもたらす一方で、経済全体に与える影響がタイミングによっては発生します。今後の金融政策と市場のバランスが重要となるでしょう。
ai20%up

AI効率化の控えめな予測を超えて

楽天市場2024カンファレンスでの三木谷社長の講演によると、AIによってビジネスの効率が20%向上すると予測されていますが、これは実際には控えめな見積もりであり、特定の職種では30%から40%の効率化も可能です。2024年はAIサービスが大量に登場し、ビジネスツールとしての普及が加速する重要な年になります。AIの活用は創造部門においても大きな影響を及ぼし、新しいビジネスの可能性を切り開いています。
before-after

生活習慣の変化がもたらす影響がここに

新型コロナウイルスの影響で変わった生活習慣により、外食産業は業績回復に苦戦しています。特に夜8時以降の客足が減少し、在宅勤務の定着が影響しています。現在、外出して遅くまで滞在するのは主に20代の若年層に限られ、生活習慣の変化が定着していることから、この状況は少なくとも今後2年間は続くと予想されます。外食産業は、この新しい生活様式に適応するための戦略を模索する必要があります。