スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジfrom2011

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジfrom2011

「ニュースから企業経営のヒント」の記事一覧

shop

まだ小さな動きですが

震災の影響により、多くの企業が消費落ち込みを予想し、活動を抑制する動きに出ています。企業は、消費動向を慎重に観察し、その結果に基づいて事業活動の再開またはさらなる抑制を決定する見込みでしょう。この対応は、震災などの非常事態におけるリスク回避と長期的な安定を重視する企業の戦略を反映しており正反対の動きになりそうです。
future

過去、現在、未来の分離

デジタル時代における過去、現在、未来の認識は変化しています。過去は記憶に依存していたが、現在は写真やデジタルメディアを通じてより簡単に想起できるようになりました。一方で、貴重な瞬間を記録し共有する現代の文化により、目に焼きつけることよりも記録することが重視されるようになり、記憶力への依存が減少しています。この変化は、デジタル技術の進歩に伴い、生活や仕事に新たなアプローチをもたらしています。
usa-nature

経済の未来予想が正反対

米国ではソフトランディングが期待されているが、欧州ではハードランディングの兆候があり、米国でもハードランディングの可能性が否定されていない。経済予測には複数のシナリオがあり、確率の低いシナリオに対する準備の重要性を考える時期なのかもしれません
leader

企業の新しい価格方針となるのか

日本の大手企業の社長がメディアで「値上げはもう謝らない」と宣言し、今後は製品の価値に見合った正規の価格で販売する方針を示しました。この発言は、日本の製品価格が長年低く抑えられてきた問題を反映しており、品質やブランド価値を含めた製品の真の価値を適正価格で反映させる戦略の転換を意味しています。この新たな価格戦略は、消費者に品質と価値に基づく価格で購買するのを促していますが、そこまですぐに転換できるかはまだわかりません。
etf

金利ある世界に戻るための準備がこれ

日本銀行が初めてETF(上場投資信託)の売却を行ったことは、日本金融界における新たな動きとして注目されます。これまで中央銀行によるETF購入は禁じられていた領域でした。日銀はこの手段を用い、今に至って売却に踏み切ったのです。この背景には、金利上昇の避けられない状況と、国債の含み損に対する補填のためでしょう。日銀のこの行動は金融政策の新たな局面を示していると感じます。
softlanding

将来予測を増やすために裏の意図を考える

経済の局面においては、専門家の意見が正反対に分かれることが多く、特に米国経済に関しては意見の分裂が顕著です。最近、イエレン財務長官は米経済がソフトランディングを達成したと宣言しましたが、この発言は心理的な安心を提供するためのもので、実際の経済状況の不確実性を反映していない可能性があります。過去の例からも、イエレン氏の発言には慎重な検討が必要であり、裏にある意図を考慮することが重要だと考えます。経済における断言や宣言は、その真意を確認する必要があると感じています。
digital-clone

やっと実現します、アシスタントと分身

スマートフォンは日常生活において不可欠なアシスタントとして機能し、情報と機能を提供します。一方、AIはビジネスの分身として、データ分析や顧客対応、創造的なアイデアの生成に貢献し、ビジネスの成長を加速させます。スマートフォンとAIの融合により、ビジネスはより人間的で創造的なものへと変化し、AIによるルーティンワークの軽減によって、より高度なタスクに集中できるようになるでしょう。やっと実現します