経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

社長の右腕に適任な人はどこにいるのか

めったに適任者を採用できるものではない。

では、教育して育つものなのか。

それも、成功事例は少ない。

ならば、自分でヘッドハンティングするしかない。

しかし、それもなかなか見つからないことが多い。

さて、最後どうするのか。

最後は、実際に経営をしている経営者をつかまえてくるしかない。

M&Aしてしまってもいい。

M&Aは人財戦略としては有効な手段。

ビジネスが普通であっても人材がいるならM&Aを積極的に行うことも有益な結果をもたらします。

そこまでしないと、見つからないものだと自覚するしかありません。