経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

社長右腕に任せる内容とは

任せる範囲

部署ごとの採算性をとっている形であれば、

その部署のすべてを任せてみます。

半年~1年くらいは口を出さない。

そこで何が起ころうが任せてあるのでなんとかしてもらう。

任せきることで成長する

任せることによって、失敗を重ねることによって社長右腕が成長するのです。

社長が成長するときだんだん寡黙になるのは、そんな意味もあるのです。

任せきることで成長していくのです

まとめ

実際に最初の1年間、社長の右腕の方に何も言わなかった社長がいます。
ヘッドハンティングしてきて、最初は何も言わない。
黙って見ていたそうです。
そこから自主性が育ち、結果を出しながら成長したそうです。
アドバイスすることも大切なことですが、任せきる姿勢もひとつの方法だと感じます。
知っておいて損はありません。