経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

出し切ることとで複利計算になる

自分の力の範囲で仕事をしているときは

なかなか伸びないものです。

仕事は、

(持てる力:100%)+(ほんの少しの踏ん張り:0.1%)

が毎日、「かけ算」となって積み重なっていき、

1年後、2年後に伸びを感じるものなのです。

たとえば、

1週間、普段通りの力を出しているときは、

1×1×1×1×1×1×1=1

で変化がありません。

プラス0.1%のときは、(前日より0.1%ずつ伸びると)

(1.001)×(1.001)×・・・・×(1.001)=1.007

1週間で0.7%伸びます。

あまり変化がないように思うかもしれません。

しかし、365日だと、1.44倍になっているのです。

1年で1.44倍ずつ実力が上がっていけば

2年で2.0倍

3年で2.9倍

5年で6.1倍

10年で38倍!

こうやって試算してみると、1日の些細な積み重ねが

年月を重ねると、取り返しのつかない違いになることが

実感できます。

「プラス0.1%の踏ん張り」を忘れないようにしたいです。