経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

家事がゼロになる

クリーニング業界は、もっとサービスが

進化できるはず、と思って見ています。

なぜなら、クリーニングに対して顧客の要望は

まだ潜在的に眠っているからです。

今後、新しいサービスを打ち出すことによって

顧客が「このサービスをさがしていた」と

気がつくでしょう。

宅配をサービスとして伸ばしている会社は

あるようです。

クリーニングや洗濯は家事労働です。

戦後を振り返ると、洗濯機、食洗機、などの

電化製品の進化は家事労働を減少させる

流れです。

ハウスクリーニングの業界が伸びていることを

考えれば、将来、家事労働はゼロに近づいていきます。

そのためのサービスを先回りして提供できるのか。

そこが事業の発想になります。