fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

直接販売する道をつくり出す出版社

book

今回は、出版業界のお話しです。

出版社は通常、本屋さんに商品を

納めるのに、取り次ぎを通します。

トーハン、ニッパンなどの大手が

存在しています。

出版社→取次→書店→お客様、の

流れです。

流通を取り次ぎが握っているのです。

この流通に風穴を通す出版社が出て

きています。

たとえば、

ディスカヴァー・トゥエンティワン(Discover21)

永岡書店。

ディスカヴァーは、約4000の書店

直接、本を配送しています。

この書店開拓は、電話で1件1件

開拓していたそうです。実際にその

仕事をしていた人から聞きました。

書店は全国で約2万店舗

その内の2割を開拓しているのです。

少ないように見えますが、書店の中で

大型店舗は実際には500店舗程度しか

ありません。

売り場面積から考えればシェアを確保

していると言えます。

今までの業界の縛りにとらわれない

会社の存在が最近はどの業界でも

出てきています。

一つの手法として押さえたいところです。