fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

営業1人当たりの顧客数の法則

顧客数の法則性が変わってきた

営業1人当たりの顧客数には法則があります。

記憶できてフォローできる顧客数は80件

この数で売上げと利益がまかなえている時代もありました。

しかし、その法則もなかなか通用しません。

これだと売上に限界が出てしまうのです。

損益分岐点に達しないことも起こります。

フォロー顧客数の件数設定

これを防ぐには、1人あたりのフォロー顧客数を増やすしかしません。

最低200件以上にすることです。

400件フォローできれば毎月が安定します。

新規の顧客からの問い合わせが毎月絶えません。

スマホ

顧客フォローを仕組みにする

これが、仕組みをつくる基礎になります。

ただ200〜400件の顧客フォローをどうやったらできるのか。

自分の記憶では限界が生じるのでツールを使います。

記憶を補うツールの使い方を覚えます。

顧客フォロー具体的方法

顧客フォローは、

1)アポイントがある

2)アポイントがない

の2つに分けられます。

アポイントがない顧客にどのタイミングで継続的なフォローができるのか?が営業の実力になってきます。

次回、軽いフォローをするタイミングをスケジュール表に入力できるか、が成功の秘訣です。

○月○日に資料を送付する、電話をする

進捗を確認する、忘れられないようにフォローする

・案件が出ていないか確認をする

などフォロー内容があります。

まとめ

これらの内容は、やってもやらなくても顧客から指摘されることも怒られることもありません。

だからこそ、きちんとできる営業スタッフが成績が良く、そこには根拠があるわけです。

ツールは自分の外部脳として活用する

これが結論です。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/