fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

能力をベースにして組織行動を変える

特定の仕事をするときに

人の能力の差は出ます。

これは事実。

能力差とはなにか?

能力差は、能力が開発されている

進捗度のちがいだけ、と考えます。

能力を上げるには、

現状をレベルを理解して順番通りに

進めるだけです。

ただ、現場では、そこまでできません。

なぜなら、能力が開発されている人を

経営者、リーダーが欲しがるからです

確かに、能力レベルが最初から高い

人がくれば、ありがたい話しです。

ただ、そんな現実はほとんどありません。

「能力が低い部下をどうしたらいいのか?」

という相談は連日、多数寄せられるのです。

私の答えはいつも同じです。

「育てるしかありません」

と答えています。

育てて成功するかは、私にもわかりません。

しかし、次の人に期待して何も育てない

企業に将来は望めません。

なぜなら、育てる能力も企業の力だからです。

育てるのに、手間がかかりそうな人に対して

出来る限りのことをするべきです。

それが、次へのステップになるのです。

大事なのは、

教える側が「あきらめないこと

そのために、人には能力が備わっている、と

信じてあげることです。

その能力を開花させられないのは、教えている

自分たちの責任。

そう思うことによって、あきれめず取組むことが

できるのです。

経営者とリーダーは、「人間力」も試されるのです。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/