fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

予想外のことが起こったときの対処法

書いた文章が消えたり、作った資料が

クラッシュして使えなかったりすることが、

デジタルの世界ではよくあります。

そんなときに、どう思うのか?

「また、やりなおせばいい。二回やれば

記憶できる。身に付く。」

と思っています。

そのためか、腹立つこともなく、

物事は進みます。

経営は、予想外のことが起こった

ときの対処で差がつきます

パニックにならないためにも、

選択肢を持っておくことが対処法です。

失敗学という学問があるくらいですを

仮想体験はできるはずです。

たとえば、こんなことがありました。

何年前か出張の帰りに駅についたら

台風のため電車がすべて止まっていました

帰らなければならないのに、身動きが取れない。

そんなとき、どうしますか?

電車以外の選択肢を考えます。

その中で台風の影響を受けにくい

ものはなにか?を考えます。

このときはバスでした。高速バスを

使って隣の県に移動すること思いついたのです。

バス乗り場までタクシーで移動

タクシーの中でに高速バスの予約。

バスの移動先にある空港をチェック

まだ台風の影響を受けず飛んでいる

ことを確認。携帯電話で飛行機の予約

と無事に完了したのです。

最初の駅で、会社に電話をしている方が

隣にいました。

「電車が動いていないのでどうにもなりません」

と報告をされていました。

予定外のことが起こったら、思考は停止して

しまうのがこの方を見てわかりました。

冷静に選択肢を探す作業は日頃から

訓練したいものです。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。