fjコンサルタンツ 経営情報 ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのためのWeb Magazineファースト・ジャッジ

ブラックボックスになっている

隠そうとしている。

明らかにしない。

オープンにしない。

他から見るとブラックボックス。

何をやっているかわからない状態。

 

これでは、経営はできません。

では、どうするのか。

方法は2つ。

1)1対1で対話する

2)大きな力で押し切る

 

通常は、1)の路線しか取れません。

時間をかけて、じっくりと進める

手法です。

 

2)の大きな力とは、

会社の危機、

世の中の危機、

などの大きなパワーがあるときに

行うことが可能です。

課題になっていることより、大きな

危機が起こったら、それ以下の小さな

問題は消えてしまいます。

押し切ることが可能なのです。

 

ブラックボックスになっていること、

たとえば、報告がない、連絡がない、

コミュニケーションがないことも、

大きな危機を乗り越えるために、

ぜひやろう!

と言えば、スムーズに通ってしまうのです。

 

これは、大きな視点を持つことと

構造は同じです。

俯瞰して見ることにもつながります。