fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

チーム編成を阻害するもの

会社におけるチーム編成

組織図を作り上げる過程で
考えるべきことは何でしょうか。

それは、編成を考えるときの
メンバー構成

仕事にはそれぞれの役割が
あるので、いろんな個性が
必要なのです。

20110507-105846.jpg
同じような方ばかりだと
組織全体の力は限定されて
しまいます。
全方位的に強い組織には
ならないのです。

採用時に面接する人が同じだと
似たような人を採用してしまい
ます。

そうすると、チーム編成時には、
機能性が高い編成が組めない
ことも発生してしまいます。

あえて、嫌いなタイプでも採用
する経営者の方もいるほどです。
組織に必要な能力から考えると
好きか嫌いかの優先順位は下がり
ます。

言うことを聞かない人であっても
こちらが求める能力を備えている
のであれば、考える必要があるの
です。

また、そうしないと経営者の
レベルが上がらないのもあります。
自分が今のレベルで手に負える
範囲でしかビジネスが展開しません。

特にスタートアップの会社では
経営者は猛獣使いのような存在
です。
創業者の話しを聞くたびに、
そんな印象を感じます。

組織編成を阻害するものは、
同一化になることです。

企業は、統率しながらも、
個性的、創造性を求めるという
両方向を同時に成立させる
事業でもあるのです。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/