経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

商品だけで売りになるのか

最近、営業さんが配っている資料を見ますと

【節電特集】

が多いです。

節電の器具、機材、商品を購入しましょう、

という内容です。

考えてほしいのは、顧客が望んでいる

【節電】と合致しているか、ということ。

これからの企業は顧客に対して結果を

出さなければなりません。

ただ、商品を売って終わり、という時代は

終わりつつあります。

世の中が電力不足だから、節電だけで提案を

するにも、商品だけで顧客に結果が出るのか、

を自分に問うてほしいのです。

【節電】であるならば、商品を提案する前に

顧客にお伝えすることがあるのです。

1)節電計画の立て方

2)節電手法の事例

3)節電チェック項目

などを情報としてお伝えすることが初期段階では

必要なのです。

いきなり販売に誘導するような内容では

他社と同じになってしまいます。

差別化できません。

もっと顧客のことを想い、顧客の立場になって、

一緒に考えてあげる姿勢が共感を呼ぶのです。

今一度、自分たちの資料を見直してみてください。