経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

スペースシャトルの30年間 space shuttle

初飛行が1981年。

今年で退役。

30年間で約130回の飛行。

(発射失敗1回、空中分解1回)

再使用可能な初の宇宙船。

20110518-103153.jpg

書籍がいくつか出ていますが、

感心するのは、マニュアル化された

組織体系。

20110518-103023.jpg

何が起こるかをすべて予測しながら

手を打っている。

20110518-103058.jpg

発射の時、クルーの家族のまわりには

元スペースシャトル乗務員が囲い込む。

万が一のことが目の前で起こった時も

想定しているのだ。

20110518-103122.jpg

宇宙に出てしまえば、補充も追加も

できない。

そんな環境の中で冷静に対処する資質を

乗務員には求められます。

これも、訓練のたまもの。

20110518-103134.jpg

危機的なことがおきても、パニックにならない。

冷静に状況をつかむ。

判断する。

この流れを体得している。

20110518-103207.jpg

宇宙飛行士の訓練体系は、リーダー育成の

プログラムと重なるものがあります。

限られた中で目的を遂行する。

このシンプルな原則をどこまで身につけるのか。

今後も宇宙事業はチェックしていきたいところです。

20110518-103226.jpg

【link】

http://ja.wikipedia.org/wiki/スペースシャトル

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】