経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

電子マネー(ICカード)の差が広がる

ようやくですが、2013年春から各社

ICカードが相互利用できるようになりました。

全国で約6500万枚が発行されています。2011年時点

ちょうど就労人口と同じ数。

電子マネー(ICカード)は発行枚数で

Edyが先行していましたが、

交通系のICカードに決済数で追い抜かれ、

この相互利用が実施されれば、さらに

差は開くでしょう。

交通系のICカードは常に使うため、

いつでも取り出せるところに収納しています。

だからこそ、店舗でも使いやすい。

取り出しやすさの差。

Edyだと、ひと手間余分にかかります。

ひと手間余分にかかると、利用率は

1/10になると言われています。

これで、ICカードの競争は結果が出るかも

しれませんね。